正直に話せば転職もうまくいく

転職ガイド

転職理由は正直に話す

安定した職に就きたいなら

正社員でも給与面の待遇が悪く、カツカツの生活を送る人もいます。安定した仕事に行きたいと思うのは当然の事です。転職の理由は必ず聞かれるので正直に収入を増やしたい事を伝えると条件を飲んでくれる可能性があります。

嘘がバレるとトラブルに

本音を話すのが苦手な人だと話し方が不自然になるため、嘘を見抜かれる可能性があります。例えば、職探しに思いのほか時間がかかった場合、それを隠すような嘘をつくと内定がパーになります。

ポジティブに話す

ネガティブに囚われがちな転職は、面接の時も入社動機を思い出しつつ前向きに構える必要があります。例えば安定した職に就きたいなら定年退職まで弊社の力になりたい事をアピールすれば印象アップに繋がります。

退職するまで三年は頑張る

新卒で入社した会社が自分に合わない等も転職の理由になりますが、勤続年数一年での転職は自分勝手な転職理由だと判断される可能性があるため、落とされる傾向があります。

転職者が目をつけている職業

no.1

公務員

安定の神様といえば公務員です。定年退職までみっちり働ける他、待遇がとてもいいので転職者の間でも根強い人気があります。

no.2

IT企業

急速に成長していますが、まだまだ人手不足です。そのため、キャリアがなくても比較的転職しやすいメリットがあります。スキルも仕事を通して身に就くので初心者でも応募可能です。

no.3

製造業

何度もロングセラーを出している企業は安定そのものです。例えば、有名なお菓子メーカーや冷凍食品会社は様々なニーズに需要があるため会社が潰れる心配もありません。

no.4

介護職

今後も高齢化社会が続くと考えれば介護職は非常に安定した職業だといえます。また30代から40代を中心に内定が貰いやすい介護職へ転職する傾向が強く、年齢が上がってもチャンスがあります。

no.5

インフラ工場

2020年に東京オリンピックが開催されるため、外国人観光客の増加を見込んだホテルや商業施設の建設が予定されています。そのため、自然とインフラ工場の需要が加速している状況です。