絶対に成功する転職術

転職ガイド

資格が転職の後押しになる

スキルが身に就く

今の仕事を辞めて富山から都心に進出したいと思った時、どの業種でも役立つ資格を取得すると転職の時有利に立ってくれます。また、仕事と資格に深い結びつきがあれば即戦力があると判断されるので内定が取りやすくなります。

職務経歴書の評価に使う

客観的な評価に結びつきにくい経歴の場合、資格があるとその証明になる事もあります。また、資格がどの場面で活用されていたのかがわかるので富山で就職する時に役立ちますよ。

資格が必要な転職先

無資格でもキャリアが詰める仕事は富山にも沢山ありますが、弁護士や公認会計士、行政書士、司法書士といった専門分野への転職を希望する場合、それに合った資格取得が求められます。

今までの頑張りが評価される

職務経歴書の成績を見た面接官の一言はとても重要です。例えば成績の事について褒められると今までの頑張りが報われたような気がしてモチベーションがアップします。

キャリアが活かせる資格トップ5

no.1

外資系の場合

日本だけではなく海外の方ともコンタクトを取るため、英語に関する資格はなるべく取得しといたほうがいいでしょう。外資系を受けるなら知名度の高い教材がオススメです。

no.2

事務系

バージョンによって違いますが、パソコンのスキルをアピールするならExcelやWord、PowerPointの三つがあると転職活動がしやすくなります。ExcelやWordの場合は上級レベルが面接で有利に立ちます。

no.3

経理系

男性にも取得してほしい日商簿記検定2級は株式会社の経営管理に役立つ特徴があります。経理面に強いことが証明されると、営業業績の管理ができるとみなされるため転職に役立ちます。

no.4

飲食やサービス業界

調理に関する知識や衛生法は、飲食やサービス業界に必要な資格になります。また、今の仕事を辞めて自分のお店を持ちたいとなった場合にも栄養や管理に関する資格を取得する必要があります。

no.5

医療と介護

人手不足の今、介護業界は資格なしの初心者を雇うことが多いです。ただ、資格を持っていた方が待遇や給与が良くなるので、見習いを終えた後取得する人が沢山いらっしゃいます。この時に必要なのが介護初任者研修です。

本当に必要?資格のアレコレ

資格取得の書き分けは必要か

経歴書に関しては職歴や学歴すべてを記載する必要がありますが、資格に関しては必ず記入する必要があるわけではないため、本人の判断で決めることになります。

いつから資格取得の勉強をすればいい?

転職活動のために資格取得を目指す場合は、遅くても三か月前から行なうのがベスト。ただこれは活動を始める期間であって、資格取得には時間がかかりますから一年前までには始めておきましょう。

資格取得は必ず行なうべきか

業種によって異なりますが、求人情報に要資格の文字があれば必ず資格を取得する必要があります。それ以外の業種へ転職を希望するなら、無理をして資格を取る必要はありません。

人気の資格はなんですか

持っていて損しない資格だと薬剤師や公認会計士、社会保険労務士等です。技術面だと一級建築士や二級建築士、シスコ認定資格等があります。これらの資格があると有名な企業に転職できる可能性があります。

年収1000万円を超える資格

収入を目安に考えるならファイナンシャルプランナーの資格が良いでしょう。医療や保険等の金銭問題を背景にニーズが高まっていますから、転職活動へ有利に働きます。